韓国ドラマ&映画 ロケ地ツアー
現在受付中のロケ地ツアー
コンセプト 当日までの流れ ロケ地ギャラリー 過去のツアー 会社概要

冬ソナロケ地ツアー(2005) - ロケ地ギャラリー

◆春川周辺

・南怡島(ナミソム)
ご存知、ドラゴンバレーホテルと並ぶメインロケ地で片道5分を船で移動します。
島全体がキャンプ場、小さい遊園地、ギャラリーなどを擁する娯楽施設になっています。
学生たちが親睦を深めるためにキャンプをしに訪れるところとしても有名です。

・メタセコイアの並木道はいつ行っても素敵な場所です。ここで感動しない方はいないと思います。雪があるときなら2話でチュンサンとユジンが影法師の国の話をしながら歩くシーンの雰囲気が、雪がないときなら7話でミニョンがユジンを連れ出したシーンや、15話ではミニョンとユジンがチュンサンとしての記憶探しに訪れたシーンの雰囲気を味わうことができるでしょう。

 

・カフェ恋歌(ナミソム内) 
出演者とスタッフが撮影中に使った小屋です。小屋の中には「冬のソナタ」撮影中の写真 はもちろん、イ・ビョンホンが主演の映画「純愛中毒」の撮影写真なども飾られています。

 

 

・バレーボールコート(ナミソム内)
15話でチュンサンとユジンがボールなしでバレーボールをするシーンが撮影されました。


・学校の塀

1話でユジンが乗り越えた塀です。ジャンプすれば塀に手が届きますが、体力に自信のない方はやめてください。お連れの男性がいらっしゃる方は、チュンサンがしたように踏み台になってもらうといいですね。

最近は、塀の前に露天が5〜6店出ており、ぺ・ヨンジュンさんを始めとして、韓流スターの写真やグッズが販売されています。


・チュンサンの家

チュンサンが高校時代に住んでいた家です。その近くには1話でユジンが遅刻しそうになって走り降りてきた道と、ユジンがバスを無理やり止めたバス停があります。


・明洞通り

・ライトアップされたツリー
チュンサンとユジンが待ち合わせをした場所。夜に訪れますのでドラマと同じイメージです。繁華街なのでドラマとは少し印象がちがうかもしれません。明洞通りをでたところには1回目の事故現場のロータリーがあります。以前、お客様が一斉に写真撮影をされた時は地元の方が不思議そうな顔をしていました。

・中央市場
明洞通りを少し進むと、庶民的な商店が立ち並ぶ中央市場があります。ここにはユジンのお母さんの洋品店、チュンサンが食事をした食堂、ユジンが酔っ払いにからまれた路地、ユジンがコーヒーを買いに行った商店などがあります。

・警察署
チュンサンとユジンが酔っ払いにからまれた後、補導された警察署です。

・春川地下街(明洞通り地下)*番外編
こちらはドラマとは関係ないのですが、結構広い地下商店街です。韓国のブランド店がたくさんありますので、韓国人俳優・女優がメインキャラクターになっているカタログをゲットできるかもしれません。イネットツアーでは30分から50分くらい自由時間をとりますので食後の散歩にいかがでしょうか。


・春川駅

2話で放送部のメンバーでキャンプに出かけたときに電車に乗った駅です。訪れた記念に切符を買っていかれる方もいらっしゃいます。また駅の周辺には軍事基地があります。チュンサンとユジンが親しくなってふてくされるサンヒョクに、ユジンが「私がチュンサンを好きなの」と言ったときに映った壁は、この基地の壁です。

竜平

ドラゴンバレーホテル
ホテル内には無数のロケ地がございます。
あまりに多すぎて全てを説明できないのが残念ですが、詳細は弊社のツアーアドバイザーである“じーにょさん執筆の“韓国テレビ&シネマ”(学研)でご確認下さい。
代表的なロケ地だけご案内します。

・コンサート会場
サンヒョクが企画した公開放送「愛の音楽アルバム」が行われた(9話)会場で、映像で見るより広く感じます。撮影で使われた舞台はそのまま残っていますが普段は食堂だそうです。

 

・ドラゴンピーク
東洋最大規模といわれるゴンドラに乗って向かいます。 頂上の搭乗口には主演4人のタペストリーがありますので、まずは軽く写真撮影しましょう。その後、階段をのぼり暖炉の前へ。暖炉の上には出演者のサインや写真がありますので、その前で写真撮影。暖炉はレストランの中にございます。その後、8話で吹雪の中ユジンを探しにミニョンが飛び出した扉をでて外へそれからサンヒョクが来て3人でもめたロケ地まで軽いトレッキング(片道約10分)はいかがですか。注:歩きづらい靴や極端に体力の自信がない方はご遠慮下さい。その後は往路と同じゴンドラで地上へ向かうコースで約1時間でしょうか。


・カフェ“チョウム”
ミニョンとユジンが改装したカフェです。出演者のサインや写真もたくさんあるので お客様によっては一番興奮される方もいらっしゃいます。ミニョンがユジンを食事に招待した時(17話)に座ったセットも残っています。もともとセットとして作られたものを残してカフェにしたため、空調設備が整っておりません。隣の焼肉ハウスからの匂いが漂う場合もありますが気にしないで浸りましょう。注:ツアーの夕食では焼肉ハウスでカルビをお召し上がりいただきます。料金が高いだけあってとても美味しいですよ。ただし、店内はものすごい煙がでますので、匂いに敏感な方は服装にも気を使いましょう。

 

東海(トンヘ)

・チュアム海水浴場
18話でチュンサンとユジンが旅行にいった海岸です。2人が泊まった民宿、チュンサンがユジンにポラりスネックレスを返してと言った場所があります。
注:チュンサンがたそがれていたときに背景に映っていたイカは吊るされているときと、いないときがございます。他の魚や洗濯ものが干されているときもあります。



・チュンサンとユジンが記念撮影をした写真館
店内はセットで撮影されましたが、外観はこちらのお店が使われました。
撮影時の2人を写した写真もございますので、マニアの方もご満足するのでは?

・チュンサンとユジンが結婚式を挙げようとした教会
教会周辺はあまり人通りがないので写真もきれいに撮れます。周辺にはユジンが迷子になった市場(市は3と8がつく日のみ開催されています)がございますが、普段は閑散としています。一度、市の開催さているときに訪れたましたが、ドラマのシーンそのままの賑わいでした。

ソウル

・ラデイソン・ソウル・プラザホテル
ご宿泊されますソウル有数のデラックスホテルです。
一番のロケ地はやはりミニョンルームといわれるスイートルーム1952号室です。
イネットツアーでは必ず見学していただきますので、ミニョンが座った椅子やユジンが寝ていたベッドで写真撮影をいかがですか。また、19階のコーナーにありますので景色も 抜群です。その他には、ユジンが泣き崩れたエレベーター(14話)、靴ずれをしたユジンが靴にテイッシュをつめたトイレ(5話)、ミニョンにサンヒョクが会いにきたラウンジバー、ホテル裏手にはミニョンが空港に歩いていった場所、2回目の事故現場(ともに14話)などがあり盛りだくさんです。
注:ホテルの裏手にはぺ・ヨンジュンの大きな広告看板(某メーカー)もあります。


・高校の門
春川第一高校として使われた高校です。見学日は授業中なので中に入って見学する事はできませんが、正門からでもイメージは十分わいてきます。門から30メートル坂を上がると、チョンサンがタバコを吸っていた電信柱があった場所がございます(周辺の工事のため、今電柱はなくなっております)

 

注:仲田をチョンサンに真似てタバコを吸うところを写真にとられる方がまれにいらっしゃいますが、全然似ていませんので予めご了承下さい。
またさらに少し進むと、ユジンの家もございます。

 


・公園
19話で撮影された公園。不可能の家を渡した場所、ユジンが座っていたベンチ、最後に振り返らずに別々に歩き出だした道などを見学します。

 

 

・マルシアン
ミニョンの会社マルシアンは現在株式会社コマコという会社になっています。

 



 
・カフェ、レストランなど
江南地区のアックジョン近辺には、ドラマの撮影に使われたカフェ、バー、レストランなどが集中してます。ソウル滞在の夜はその辺りにお食事に繰り出してはいかがでしょうか?
撮影に使われたレストランの中で特に人気の高いのがイタリアンレストラン宮(クン)です。
サンヒョクとユジンが食事中にミニョンとチェリンがやってきて、はちあわせしたこのレストランは、壷のような柱が印象的で、味もおいしいと評判のお店です。

 
・ポラリス
ユジンが勤務する設計事務所ポラリスとして使われた会社ヒュンダイプログラム。今は居酒屋に改装されてしまいました。しかし黄色い扉など、少しは面影が残っています。

 

外島(ウェド)*6日間コース、外島3日間コースにご参加の方のみ

感動の最終話後半のロケ地見学です。釜山のフェリーターミナルから水中翼船で約50分、 100人乗りの船に乗り換えて約50分の行程です。(往路も同じ行程)島全体が庭園といった感じのとても美しい島で、島内にも沢山ロケ地がございます。

 

 


まず、フェリー乗り場の横にはチュンサンとおじさんが乗っていたと思われるゴルフカートがいきなりございます。緩やかな坂を上って行くと最後に2人が抱き合うシーンの建物 がありますので注意して見ましょう。(実際には島の管理事務所だそうですで、管理事務所に行く途中には“犬に注意”というハングルの看板がありますので一応気をつけてください。)その後、チョンサンが建てた不可能な家が見えますが周りには美しい庭園がありますので、ユジンの気分でゆっくり歩いて行きましょう。

家の前に着いたら記念撮影。個人所有の家で建物内に入る事はできませんのでの外観だけで我慢しましょう。(※2003年12月出発のツアーでは、管理事務所さんのご厚意で特別に不可能な家の内部に入れていただくことができましたが現在は見学できません。)その後、後方にはユジンが歩いた木のアーチ“天国の階段”がありますのでそちらに向かいます。天国の階段上から見る景色は絶景でユジンと同じ視線でゆっくりと島内と海のコントラストをお楽しみ下さい。

外島のお土産店には、絵葉書かパンフレット程度しか置いてございませんが、不可能の家の前に写真屋さんがいることがあります。そこで撮影当時の写真(ペ・ヨンジュンさん3枚、チェ・ジウさん2枚のセット)が3、000円で販売されています。インターネットでも見ることができない貴重な写真でお宝度満点です。


外島コース 韓定食の食堂*番外編
釜山2日目の夜にお召し上がりいただく韓定食のお店は、地元釜山の人々が絶賛するほど美味しいお店です。清潔で洗練された店内、店員の行き届いたサービスにも定評があります。仲田が下見に行ってその味を確認してまいりましたが、たべきれないほどの料理が次々と出てきて、本当に美味しかったです。お奨めです。



Copyright (C) 2007 INET Corporation All Rights Reserved